FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で6年。
メキシコで3年サラリーマンやってます。
途中、日本語教師(これもサラリーマン?)もやってました。

一度リーマン辞めた理由は、
1.残業ばっかで自分の時間が殆ど持てない。
2.上司の指示に従ってばかりいるのに飽きた。
3.将来がミエミエで面白みが感じられなかった。

以上の3点だと思うんだけど、
今またリーマンやってる。

理由は、
1.自分の商売を始めるための資金作り。
2.ビジネス・テストをする為の期間作り。
3.語学力(スペイン語&英語)を磨くため。

以上の3点。

で、”辞めた理由の3点”は解消されたのか?というと、

1番目は、メキシコという土地柄か会社柄か、殆どなし。
定時の6時に帰れている。

2番目は、変わらず。
上司の仕事なんて、部下の業績を上げさす。そのために事細かくチェックする、ってもんだから、
これはどんな会社にいってもほとんど変わらないんじゃないかな。

3番目は、変わった。
ここにきて将来の選択肢が広がったから。
語学力をもっと磨けば、活躍の幅はもっと広がる。確実に。
実際、スペイン語がある程度できるようになってから翻訳の仕事が出来るようになった。

英語力を磨けば、メキシコ以外での活動が可能になるだろう。
商売的に言えば、欧米人、アジア人どんな国の人でもお客さんに出来るようになる。

がんばろう。
スポンサーサイト
2011.07.12 川村和正
川村さんのブログは毎日欠かさずチェックしますね。
結構面白いので。

で、昨日のエントリーで中国のシンセンの話題を取り上げていて、「日本は時間が止まっている。でも外の世界はど強調文んどん進化している」っていうコメント、すごく納得。

ここメキシコシティーでも、日々開発が進んでいて街を見ているのが楽しい。
プラザって呼ばれる複合施設(スーパーや映画館を始め、100近くのショップが入ったもの)もどんどん増えてて楽しいし、新しい建築物も多く計画されていて街並も新しく生まれ変わっていく。こっちも元気が出てくるね。

中国では都市開発の次は人間のモラルの向上!って感じみたいだけど、
メキシコもそうなるんじゃないかな。だって若い人と話をすると皆「僕らも意識を変えなければいけない」って言ってる。雑誌なんか見ててもそんな記事が目に付くし、
ライバルのブラジルやアルゼンチンが頑張ってどんどん伸びているから、
負けられないっていう感じなのかな。

ま、楽観視できない部分ももちろんあるけど、
全体的には上を向いてるのは確か。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。